電話

2018年06月6日

誰がオレオレ詐欺やねん!!

 

 

失礼いたしました。

院長 藤原です。

ブログを拝見いただき、ありがとうございます^_^

 

Aさん「先生、昨日足痛いって言うてたけど今日楽に歩けました!」

私「Aさんよかったですね!」

Aさん「忙しいのに電話してごめんなさいね」

私「とんでもないです!」「ご連絡ありがとうございます!」(^^)

 

このような感じで、

たまに患者さんから電話でご報告いただくことがあります。

今回ご連絡いただいたAさんもきっと、

「今営業中だし、かけてもいいかな~」「迷惑じゃないかな~」

なんて思いながら、

それでも私が喜ぶだろう、伝えよう!

と決意され

タイミングをみはからってかけてこられた感じが伝わってきて、、

ありがたいなぁ(ToT)

としみじみ。

 

なぜか私の患者さん、良い方ばかりなのですが、

今回ご連絡いただいたAさん(ご年配の方)も、辛い症状に負けじと前向きに努力される

とても素敵な方。

 

治療家は、患者さんと向き合ってる以外の時も患者さんのことが頭にあるので、

Bさんちゃんと歩けるようになったけど、無理してないかなぁ 

Cさん今日登山て言ってたけど、雨降ってるやん!

なんて休みの日でも考えてしまうので

(私の場合、肝心な時忘れますけど^^;(笑))

今日のようなAさんのご報告や、

人づてで、「先生、Cさん腰痛くなくなったって喜んでたよ」

などと来なくなった患者さんの吉報を聞くと、ほんとに報われた気持ちになるというか、

安心できるものです。

 

Aさんの電話に癒され、

あたたかいお気持ちに心より感謝。

そして明日へのパワーがみなぎってきたところで!

 

寝ます

(笑)(笑)

 

 

 

 

 

 

 

看板は 腰 ですが・・・

2018年06月5日

アカン、アカンでー!!

目ぇ笑ってへんでぇー!! 疲れた顔して!!

(byおじいちゃんfromあの世)

 

失礼しました。

こんばんは。

せめて小顔効果をねらい、でかい本を並べる院長 藤原です。

 

こちらの2冊、最近とくにお世話になっている書物↓です。

とくに向かって右の、脳に関する本。

ざっくりとですが脳の仕組み、働きがわかりやすく、カラーの図が多い本贔屓(子供の頃から変わってません!(^^)!)の私にとって重宝している一冊です。

 

本日、何年も前から左の肩~左の腰に鈍痛があるという女性がご来院。

月の約半分は仕事のため海外へ。

停泊時、たまにマッサージを受けるも、きまって翌日痛みがひどくなるとのこと。

(今回こちらの方の症例報告ではなく、さらっと流すことにいたします。

因みに原因は肩や背中の筋肉自体でも、骨格のゆがみでもなく、更に深い部分とみて施術いたしました)

 

これ、結構あるあるなんです。

 

鈍痛や硬さ、張り、身体のゆがみがあるのはなぜか。

 

そこには必ず理由、原因があります。

 

ひとつの筋肉を人に例えるとしましょう。

骨と骨の間に手と足を伸ばしてつかまっている状態をイメージしてください。

筋肉が硬くなっている=頑張ってつかまっている

その頑張らなくてはならない原因を無視して

頑張っている筋肉を揉む、伸ばす、上から強く押すなどの刺激を加えるとどうなるか。

 

・もっと頑張ってつかまる=より硬くなる(マッサージを常に受けている人の肩や腰がなぜか硬い理由)

・骨と骨を強く引きよせるかたちとなる=骨格に歪みを生じさせる

・力尽きて腕や足が切れる=寝違え、ぎっくり腰など

きつい腰痛などで何とか歩いて治療院へ行ったものの、マッサージや鍼治療の後立てなくなった→これもたま~にあります。

(ただし、優れたマッサージ師・指圧師は必要なところを適切に施術することで、患者さんの治癒力を抑えるのではなく引出し、頻繁に施術を受けなくてもよい状態に導きます)

 

単なる一時的な筋肉の疲労、関節の不具合などが原因なら、ほとんどの場合勝手に治っていきます。

または、姿勢を少し意識する、工夫するといったことだけでも身体は変わります。

しかし、

症状の出どころ、出方は違えど、3か月経過しても変わらず、半年~1年経てど、3年経てど、5年経てどマシになったり戻ったりを繰り返している人は沢山います。

また、右肩は治ったけど次左肩が痛くなり、

左肩は治ったけど次腰が痛くなり、腰痛は治ったけどその次膝が~などなど。

肩の専門医(得意な先生)に診てもらい、腰専門治療院で治してもらい、膝の専門医に診てもらい~再び肩の専門・・・

 

???

その時々、部分部分の痛みが出たり入ったり、移動してるみたいな、、

 

これ、ほんとうに治ったと言えるのでしょうか。。

 

その肩の痛みって、肩に原因があるのかな??

膝に原因があるのかな??

なにか他に原因があるのかな。。

って思いませんか?

 

プリンス整体院では、

身体全体として、痛みや症状が起こらなくなる=治るととらえております。

 

看板は 腰 ですが全身色んな症状に対応いたしますので、是非一度お問い合わせください(^^)

これからも、より皆さまのお役に立てるよう(↑ドデカい本↑しかり)学び続けます(^^ゞ

おすそ分け

2018年06月5日

本日も多数ご来院頂き、ありがとうございました(^^)

オシャレなK様より、おすそ分けとのことでオシャレなスタバCAFFE(舌噛む)

ありがとうございます!!

 

ドイツよりお越しの医師を施術

2018年06月3日

本日もご来院、ご予約ありがとうございました(^^)

 出張施術も含め、変形性膝関節症・ストレートネック・寝違え・変形性股関節症の方などなど、本日も様々な症状の方にご来院いただき、
「先生、この人参葉っぱまで食べれるよ!」と出張整体ご利用のKさんより、立派なお野菜のおすそ分け(>_<)

 Kさん、ありがとうございます!!

出張整体といえば、
先日院近くのお寺(常日頃お世話になっている)に施術に出向いた際、観光でドイツより麻酔科の医師とその奥様がご参拝にみえており、

一度整体を受けてみたいとのことで、ご夫婦とも施術させていただきました(^^)

 お二方の友人であるMさんに、度々通訳していただきながらの施術^^;

 私はじめて知りましたが、ドイツにはどうやら”腰痛”という概念が無いらしく、
肩から背中全域を捉えて〇〇と言う感じでした。

奥様は何十年も前から右肩の痛み・張りを感じておられ、施術前、右肩を軽く押さえただけでかなり強い痛みを訴えられておりました。

医師であるご主人様は、長時間飛行機の座席に腰かけていたせいか、ふくらはぎ~足首の鈍痛がとれないとのこと。

 

ご両名の足首付近を用いて症状の原因を検査

 

奥様の右肩の症状は骨盤内部。

ご主人様の足首、ふくらはぎは膝下の筋肉の循環障害によるものとみて、

お二人とも腰にふわっと触れる治療と、ご主人様は直接足を少し圧迫して終了。

 

奥様は腰に触れているとき、右肩が上げやすくなったと言ってうつ伏せのままで肩を上げ下げ。
ご主人様も楽になって歩いても痛くないということでした(^^)

 

施術後、「あなたドイツへいらっしゃい!流行るわよ!」と奥様(笑)

 

ご夫妻、もう20回以上訪日されているほどの親日家(^^)

もういい歳だから今回が最後かも、と仰るお二方に

いえいえ、必ずまたきてください!とお寺のご住職はじめ一同。

 

いつもの午後の出張整体から、まさかこんな心温まる国際交流を体験することになるとは思いもよらず(*_*)

写真:ご夫妻を囲み、お寺の奥様・プロの音楽家でありご夫妻と親交の深いM様(私の患者様でもある)とそのお母様。

 

お帰り際、

思わずほろりときてしまいました(T_T)

 

 

 

 

師匠と会いました

2018年06月1日

ブログを拝見していただき、ありがとうございます(^^)

先日夕方まで予約が入っており、その後少し早めに店を閉め、師匠と大阪にて会食。

開院祝いを頂いて以来の再開でした。

正直、弟子の頃は色々と不満や若さゆえの思いもありました。

しかし同じ立場になった今、師匠の話す言葉の捉え方、そして視点が弟子の頃とはまるで違う自分に気付きました。

師匠はどんな状況下にあってもとにかくポジティブ。そして常に仕事を楽しむという発想と意欲が半端ない。

とても大切なことをいくつも教わり、時間があっという間に過ぎました。

弟子の頃、二次会=説教部屋(師匠行きつけのバー)
というお決まりのコースがあり、どうやってすり抜けようかと一次会中ずっと無い頭で試行錯誤(笑)
師匠の話はほぼ右から左でした(^_^;)

師匠「今日は嬉しいわ。こうして開院した弟子と酒を酌み交わすのが一つの夢やった」(僕、飲んでませんけど(笑))

しみじみと口にされました。

店を後にし、、

せっかくの機会、もう少し余韻を楽しみたいという思いもあり、駅へ向かおうとされる師匠に声をかけ、

車でご自宅までお送りしました。

20代半ばこの業界に飛び込み、右も左もわからなかった私にあらゆることを教えてくださった師匠。

はじめて京都から南大阪の師匠の院へ向かう途中、ホストの勧誘にあった私(笑)

昨日のことように覚えています(チャラチャラしていたのでしょうね^^;)

自分「次はこちらからえ~店お誘いします!」

師匠「おっ、言ったな!」(笑) 「まぁそうやって言い切ることは大事や!(^^)」

次お会いする時、一歩でも成長した自分を見せられるよう頑張ります!!

おかげさまで2周年!!

2018年04月16日

こんばんは!

おかげさまでプリンス整体院、

本日で2周年を迎えることができました!!

 初心を忘れず、しかし3周年目は着実に一歩一歩、日々進化していけるよう努力いたします!!

山手亜幹線沿いの″腰″が更に多くの方々に認知され、多くの方々のお役にたてるよう、また希望の光となれるように、3年目は新たなことにどんどん挑戦していこうと考えておりますので、ぜひご期待ください!!(^^)

「先生、2周年おめでとうございます!」

午後、患者さん(Tさん)予約の日ではないのに手作りパンのおすそわけにと立ち寄って下さいました(T_T)

感激。。

 

本日よりブログはじめます!!

2018年03月17日

ホームページ、ブログを拝見いただきありがとうございます!

プリンス整体院 院長 藤原 孝庸(ふじわら たかのぶ)

と申します!

生まれも育ちも地元京田辺市大住

ハンドボール歴10年。

小・中・高と主将を任されておりました。

(桃園小学校・田辺選抜選手→大住中学校・第一回ジュニアオリンピックカップ京都代表メンバー→大谷高等学校・京都私立ベストセブン)

現在も、某小学校のフィジカルコーチとして、微力ながら関わらせていただいていることに喜びを感じております。

っとハンドボールのことより院のご紹介へ、、

 

 当 プリンス整体院は、山手幹線道路沿いに″腰″一文字の看板をあげ、慢性腰痛をはじめとする、なかなか治らないお身体の不調をかかえていらっしゃる方の整体施術を行っております。

″プリンス″は専門学校時分のあだ名です(^_^;)

まぁ、ほんとに深い意味はなく、、

恥ずかしさより、インパクト優先ってことでこのネーミングにしました!!

(まず被ることはないでしょうし)

 近年、巷で流行りの「腰痛体操」「〇〇式矯正」「〇〇リリース」サプリメントなどなど、

腰痛に対して有効であるとされる様々な物事が出回ってきています。

にもかかわらず、腰痛、その他つらい症状で苦しむ方はなぜか後を絶ちません。

なぜだろう。。

 

 17年前、当時マッサージ、指圧により身体の凝りをほぐし、疲れをいやす目的のお店で働いていた頃のことです。

「スッキリした~」「ありがとう」といつもお客様に声をかけられることに対し、お金を支払っていただいたうえ、更にこれだけ感謝の言葉を頂ける仕事はなかなかないなぁと感じ、日々充足感や喜びを感じておりました。

 がしかし経験を重ねていくと、なぜか頻繁に通われる方ほど、来られた時筋肉が硬く、動きが悪いことがわかり、日々疑問を感じるようにもなりました。

 「自分の技術不足かなぁ。。」  そう思うことも多々あり、、        

 また同時に、痛み、辛さを何とかしてほしいという方が意外と多いということも知りました。

 そのような方々を何とかしてあげたいという思いと、とことんまで追求する性格が相まって、気が付けば医療系の国家資格を取得するまでになっていたという経緯があります。

 

 では、なぜマッサージをずっと受けているのに硬くなっていくのか??

 私はその原因や治らない理由に気付いたのち、痛みや辛さを抱える方を高い確率で改善できるようになりました。

 続きは追々、日々のブログにて、アップしていきます(^^)

 

 とにもかくにも私自身、

整体施術を通じて日々″人″を学び、

感性を磨き、成長していきたいと考えておりますので、その様子をブログや

動画(予定してます)などで少しでもお伝えできれば幸いです。

 

ブログを拝見していただき、ほんとうにありがとうございました!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 2