電話

2018年06月6日

誰がオレオレ詐欺やねん!!

 

 

失礼いたしました。

院長 藤原です。

ブログを拝見いただき、ありがとうございます^_^

 

Aさん「先生、昨日足痛いって言うてたけど今日楽に歩けました!」

私「Aさんよかったですね!」

Aさん「忙しいのに電話してごめんなさいね」

私「とんでもないです!」「ご連絡ありがとうございます!」(^^)

 

このような感じで、

たまに患者さんから電話でご報告いただくことがあります。

今回ご連絡いただいたAさんもきっと、

「今営業中だし、かけてもいいかな~」「迷惑じゃないかな~」

なんて思いながら、

それでも私が喜ぶだろう、伝えよう!

と決意され

タイミングをみはからってかけてこられた感じが伝わってきて、、

ありがたいなぁ(ToT)

としみじみ。

 

なぜか私の患者さん、良い方ばかりなのですが、

今回ご連絡いただいたAさん(ご年配の方)も、辛い症状に負けじと前向きに努力される

とても素敵な方。

 

治療家は、患者さんと向き合ってる以外の時も患者さんのことが頭にあるので、

Bさんちゃんと歩けるようになったけど、無理してないかなぁ 

Cさん今日登山て言ってたけど、雨降ってるやん!

なんて休みの日でも考えてしまうので

(私の場合、肝心な時忘れますけど^^;(笑))

今日のようなAさんのご報告や、

人づてで、「先生、Cさん腰痛くなくなったって喜んでたよ」

などと来なくなった患者さんの吉報を聞くと、ほんとに報われた気持ちになるというか、

安心できるものです。

 

Aさんの電話に癒され、

あたたかいお気持ちに心より感謝。

そして明日へのパワーがみなぎってきたところで!

 

寝ます

(笑)(笑)