座り込んでしまう腰痛

2018年08月31日

こんばんは(^^)

 

木津川市からご来院の小学4年生 A君

 

「この子、すっかり先生のこと気に入っちゃいまして」と付き添いのお母さんに言われ。。

気に入っていただけるのはうれしいけど、お母さんに整体おねだりする小学生A君を想像して~

複雑な心境に(^_^;)

 

お帰り際にA君、「お母さん、いい匂いしたな~」

そうでした。

6月ごろ、夏に向けてマジックボール(写真の空気清浄器)くんの

NEWソリューションを仕入れたのでした!(^^)!

ほんのりさわやかにグレープフルーツの香り漂う院内♪(明日はアップルです^_^)

 

本日 8回目のご来院

Mさん 81歳 女性

医師より脊柱管狭窄症と診断を受け、手術の話しをされた後、初回ご来院されました。

 

「何とか手術だけはさけたいです。。」

 

6月初回ご来院時のMさん、

自宅でご主人と二人分の洗濯物を干す数分の間に必ず5回、椅子に座らなくてはならない程の痛みとシビレに悩み続けておられ、

Mさんのご自宅より1㎞弱の当院へ歩いて来られる間、何度も座り込んでは歩き、座り込んでは歩きという状態でした。(これは間欠性跛行という、脊柱管狭窄症特有の症状です)

 

本日Mさんより、

 

「先生、洗濯物を干すために置いていた椅子を先日キッチンへ戻しました!

前回治療の後、一回も座らずに帰宅出来ましたよ!」

 

とうれしいご報告^_^

 

その後症状は戻ることなく、全ての家事を中断することなくこなせるようになったとのことで、

「あの時手術を見合わせて本当に良かった!」

と笑顔でお話しいただき、諦めかけていた ″歩いてお寺参り” も現実味を帯びてきたことに大変喜ばれておられました(^^)

(そんなMさんより自家栽培ミニトマトのおすそ分けいただきました!ありがとうございます!)

今後も引き続きお力になれるよう、日々勉強・修行です!

 

明日もご予約、ご来院お待ちいたしておりますm(__)m