左足の激痛

2018年08月25日

こんにちは!

 

甲子園も終わり、

アジア大会、日本頑張ってますね~(^^)

特に好成績は水泳かな? 

まだまだ日本選手団の活躍に期待しましょう!(^^)!

 

では、症例報告まいります。

 

 

本日は動画にて、

以下、ご本人様よりご了承いただきましたので、投稿いたします。

70歳 Tさん 枚方市在住。

 

3日前から原因不明の左膝の激痛が発生。

日増しに痛みと共に左足全体の動きまで悪くなり、

正常歩行困難となりご来院。

 

開口一番、

「このままだと車の運転も出来ないし、まともに外出もできない」

「この調子で益々悪化して歩けなくなったらどうしよう。。」

とご不安いっぱいに話されました。

 

触診・視診上、

左ひざを中心に熱感と腫れがはっきりと出ており、

熱感は左足の付け根、股関節に近い部分~左足首までの広範囲にかけて。

左足首にむくみもあり、ご本人も気にされるほどはっきりと。

 

 

原因は、意外とご本人の自覚にないところに隠れていることが多いので、その旨をご説明すると、食事、睡眠をはじめ、ここしばらくの生活の中で気付いた身体の調子などたくさんお話しいただき、、

 

 

お話しいただいたおかげで、

一回目の検査で深い原因の検出ができました。

(深い検査ができると、今回のように検査の時点で痛みが和らぐこともあります)

 

スムーズに施術がすすみ、

2回目ご来院の際は痛みなく正常歩行に。

 

Tさん、5年前によく似た痛みが発生した時、

左膝の軟骨がすり減っていると診断を受けたとのことです。

 

当時病院のリハビリに通いつづけ、治まるのに半年かかったけど、今回の痛みは更にひどい

と問診中お伺いしました。

 

私も開院前、整骨院や整形外科でリハビリスタッフとして勤務していた頃、

ご本人の自覚的にはよく似た痛みでも、ふたを開けると前回とは全く違う問題だったというケースをたくさんみてきました。

また、痛みの度合いと原因の大きさ、深さが比例しないこともたくさんあるということも学びました。

 

Tさんの本症状も、前回とは全く別物だったかもしれません。

 

 

その当時、

「この膝の痛みはあの時のこれが原因やからここ押したらいいんや!」

と患者さんに怒鳴られ、指示されたこともありましたが(^_^;)

 

痛みや症状は本当に奥が深く、

ずっと日々研鑽、日々勉強です。

 

 

本日もブログをご覧いただき、ありがとうございました(^^)